サッカーワールドカップニュース

2007年11月14日

次の開催は?

 いまのところはイングランドが立候補して、日本とオランダ/ベルギーが立候補になのりをあげてる状況。

 アフリカ、南米とくるんで一度ヨーロッパで開催するのがよいのでは?

 雰囲気もいいし、盛り上がる!

 
今週のサッカーワールドカップのランキング!!
posted by サッカーワールドカップ at 03:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FIFAのブラッター会長、オランダ・ベルギー共催に好反応=2018年W杯

 2018年のワールドカップ(W杯)共同開催を目指すオランダとベルギーのサッカー協会の両会長が14日、FIFA(国際サッカー連盟)を訪れ、ブラッター会長と会談。開催立候補の意思を表明した。

 かねてから、「もう2度と2つの国・協会でW杯は開かない」と語っていたブラッター会長だけに反応が気になるところだったが、思った以上に好意的だったようだ。
「オランダとベルギーは2000年に“たった1つの組織”でヨーロッパ選手権を成功させた。2002年のワールドカップは“2つの組織”でうまくいかなかった。オランダもベルギーも立地的にヨーロッパの中央にある。何より素晴らしいのは、2つの国が小国であること。W杯は大きな国でしか開けないのではない。『小さな国でも開催できるんだ』というのは、いいアプローチだった」と、会談後のブラッター会長はオランダ・ベルギー共催に予想外のポジティブな感想を述べた。

 オランダサッカー協会の秘書ベーン氏は、2005年のワールドユース(現U−20W杯)のときにブラッター会長とエンスヘデで会った。そのときブラッター会長はオランダの開催能力に感心し、「ぜひW杯も開催するようチャレンジすべきだ」と語ったという。しかし九州ほどの大きさしかないオランダでW杯を開催するのは無理。そこでベルギーに働き掛けたところ、お互いに開催に向けて協力し合うことになった。
 
 W杯開催には最低2つの6万人以上収容のスタジアム、8つの4万人以上収容のスタジアムが必要になり、オランダとベルギーが分け合って用意することになる。オランダサッカー協会(KNVB)はすでに全国の市に、「W杯開催のためのスタジアムをあなたの市で作りませんか」という手紙を出し、すでに多くの好意的な反応が返ってきている。今週末には、KNVBはロッテルダムと話し合う予定。現在ロッテルダムにはフェイエノールトの本拠地スタディオン・フェイエノールト(別称デ・カイプ)があるが、フェイエノールトは“新デ・カイプ”を作る予定で、W杯開催が実現した折にはこれが使われることになるだろう。
 アムステルダムも乗り気。またアルクマールは、AZの本拠地DSBスタディオンの拡張工事がW杯に関係なく検討されている。そのほかフローニンゲン、エンスヘデ、ユトレヒトが好意的な回答をKNVBへ送った。

 政府のサポートについては、すでにバルケンエンデ首相が「すごいプランだ」と感想を述べており、サッカーに理解のあるお国柄からしても障害は少ない。
 問題はホテル。2000年の欧州選手権では宿泊が大変だった。オランダは観光客の数の割りに宿泊施設が少なく、大きな展示会があるだけで、アムステルダム周辺のホテルはまったく泊まれなくなってしまう。W杯は規模が欧州選手権の比ではないだけに、宿泊施設の確保は大きな問題として残るだろう。

FIFA2010サッカーワールドカップニュースのランキング!!

posted by サッカーワールドカップ at 03:21| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカーワールドカップ大会関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。