サッカーワールドカップニュース

2007年11月17日

反町コーチ、岡田氏、西野氏が後任候補…来年2月からW杯3次予選

11月17日8時1分配信 スポーツ報知
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071117-00000005-sph-soccより
 日本代表イビチャ・オシム監督(66)が16日午前2時ごろ、千葉県内の自宅で、急性脳梗塞(こうそく)のため倒れ、緊急入院した。現在は千葉県内の病院で集中治療室に入っており、容体は予断を許さない状況だ。

 オシム監督の回復を祈る日本協会は後任人事には着手していない。ただ、早期復帰は難しいとみられる。2010年南アフリカW杯アジア3次予選初戦(来年2月6日)まで3か月を切っており、今月中には後任選びに動かざる得ない状況だ。

 現時点で考えられる後任候補は〈1〉オシム体制の反町康治コーチ(大熊清コーチ)〈2〉フランスW杯監督の岡田武史氏〈3〉G大阪の西野朗監督の3人が有力だ。

 昨年7月のオシム政権誕生から、指揮官をサポートし、流れを把握している反町コーチは、逆に不安も抱える。兼任するU−22(22歳以下)日本代表監督では、北京五輪アジア最終予選で敗退した場合、求心力の低下は避けられない。大熊コーチは国際経験が少なく、指導力に疑問符が付く。

 岡田氏は日本協会特任理事にあり、監督就任に障壁は少ないが、地球環境問題を中心に活動しており、現場復帰の意欲は薄いと言われる。西野監督はG大阪と08年以降、2年の契約延長に合意しており、本人だけではなく、G大阪との交渉も必要となる。いずれにしても、急浮上する後任問題は混迷を深めることは間違いない。


今週のサッカーワールドカップのランキング!!

posted by サッカーワールドカップ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

W杯予選まで82日、代表強化策見直しへ

11月17日9時46分配信 日刊スポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071117-00000036-nks-soccより
 日本サッカーが、大きなピンチに襲われた。来年2月に迫るW杯アジア3次予選。イビチャ・オシム監督(66)の病状次第で、日本代表の強化プランは大幅な見直しを迫られる。東南アジアで視察中の小野剛技術委員長(45)は、緊急帰国。オシム監督の病状を見守りながら、対応策の検討に入ると見られる。16日は「ジョホールバルの歓喜」からちょうど10年。4大会連続の世界切符獲得に暗雲がたちこめる。
 日本中がオシム監督の回復を祈る中、日本サッカー界は窮地に立たされる。川淵キャプテンは「代表がどうのこうのというよりも…」と話したが、3カ月後にはW杯予選が始まる。予選を戦うための下地造りは終わったとはいえ、最終的に戦う準備のための時間は必要だ。
 もちろん、オシム監督が引き続き指揮をとれれば問題ない。しかし、病状は決して楽観視できない。回復しても、心身ともに負担が大きく「命を削る」ような代表監督の仕事を続けるのは難しい。タイでU−19アジア選手権予選を視察していた小野技術委員長は、ベトナムでの北京五輪予選視察をキャンセルして緊急帰国。当然、後任探しも俎上(そじょう)にあがるはずだ。
 不安はあった。就任時の65歳という年齢は過去の代表監督に比べて際立って高い。世界的に見ても60歳以上の代表監督は多くない。就任を打診された際にも、当初は「健康面に不安がある」と固辞した。もっとも最近は体調が良く、周囲も安心していたが、思わぬところで病魔に襲われた。
 オシム監督が1年4カ月で築き上げてきた日本代表の骨格。「ここまでやってきたことをムダにはしたくない」と、日刊スポーツ評論家の宮沢ミシェル氏も話した。W杯予選がスタートするまで、強化のためのまとまった時間もない。これまでの「オシムジャパン」を踏襲しつつ、アジアを突破できるチームづくりは急務。日本協会の迅速な対応がなければ、4大会連続のW杯出場も遠のく。
 10年前の97年11月16日、日本はアジア第3代表決定戦でイランに劇的なVゴール勝ちし、初のW杯出場を果たした。その日本サッカーの「記念日」に舞い込んだ衝撃のニュース。W杯アジア3次予選組み合わせ決定まで9日、予選スタートまで82日、キックオフの笛は待ってはくれない。


今週のサッカーワールドカップのランキング!!

posted by サッカーワールドカップ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オシム、、、

 今日のサッカーニュースの関心ごとといったら「オシム倒れる」以外考えられないです。

 命とりとめたとしてもワールドカップ予選復帰は無理なんではないかと、、、

 川淵さんがいっているように「代表うんぬん抜きにして生き延びてほしい」に同感です。

 もし今オシムさんがいなくなるようであれば、日本だけではなく世界サッカー界にとっても大きな損失になってしまうから。

 まだまだ「オシム語録」聞きたいです。


今週のサッカーランキング!!
posted by サッカーワールドカップ at 00:19| Comment(1) | TrackBack(1) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表のオシム監督が脳こうそくで緊急入院

 日本サッカー協会の川淵三郎会長が16日午後5時前、記者会見を開き、サッカー日本代表のイビチャ・オシム監督が脳こうそくで倒れ、緊急入院したことを明らかにした。オシム監督は同日午前2時過ぎ、千葉県内の自宅でテレビでサッカーを観戦した後、倒れたという。症状は不安定で、現在、順天堂大学医学部附属順天堂浦安病院の集中治療室で治療中という。 


  オシム監督はボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエボ出身。86〜92年まで旧ユーゴスラビア代表監督を務め、90年のワールドカップ(W杯)イタリア大会では、ストイコビッチらを擁してチームを8強に導いた。旧ユーゴの内戦激化で92年に母国を離れた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071116-00000014-maiall-soccより
今週のサッカーワールドカップのランキング!!
posted by サッカーワールドカップ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。