サッカーワールドカップニュース

2007年12月03日

日本代表監督に岡田氏 協会常務理事会が決定

12月3日18時55分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071203-00000070-mai-soccより
 日本サッカー協会は3日、東京都内で常務理事会を開き、1998年ワールドカップ(W杯)フランス大会で日本代表監督を務めた岡田武史氏(51)を、急性脳梗塞(こうそく)で入院中の日本代表イビチャ・オシム監督(66)の後任にすることを満場一致で決めた。すでに岡田氏も監督就任を受諾しており、7日の理事会を経て正式に契約を結ぶ。

 岡田氏の起用は協会の技術委員会が推薦していた。トルシエ、ジーコ、オシムと外国人監督が続いたが、98年に岡田氏が退任して以来、9年ぶりの日本人監督となる。

 会見した川淵三郎会長は、岡田氏が小野剛技術委員長の就任要請に対し、「日本のサッカー界が危機的な状況にある時に、自分としては覚悟して取り組みたい」と答えていたことを明かした。また、来年2月に迫ったW杯3次予選開始をにらみ、正式契約前でも、岡田新監督のもとで今後の日程や選手選考など具体的な作業を進めるよう技術委員会に指示した。

 岡田氏は来年1月26日の国際親善試合チリ戦で初采配を振るい、同30日のボスニア・ヘルツェゴビナ戦を経て、2月6日のW杯アジア3次予選の初戦に臨む。

FIFA2010サッカーワールドカップニュースのランキング!!

posted by サッカーワールドカップ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<オシム監督>家族と少し会話 協会の田嶋専務明かす

12月3日19時44分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071203-00000098-mai-soccより
 日本サッカー協会の田嶋幸三専務理事は3日、急性脳梗塞(こうそく)で入院している日本代表のオシム監督について、「家族と少し会話ができる状態になった」と明らかにした。しかし、病院の集中治療室から出られるめどは立たず、「予断を許さない、楽観できない状態に変わりはない」という。会話の内容などは家族から聞いていないと言い、「ある時間帯に意識が戻り話ができるという状態のようだ」と説明した。

FIFA2010サッカーワールドカップニュースのランキング!!
posted by サッカーワールドカップ at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。