サッカーワールドカップニュース

2008年04月24日

チェコ代表FWコラー、EURO終了後に代表引退へ

4月9日14時54分配信 ISM
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080409-00000019-ism-socc

 現地時間8日(以下現地時間)、ニュルンベルク(ドイツ)に所属するチェコ代表FWヤン・コラー(35)が、EURO2008終了後に代表チームから引退すると発表した。ロイター通信が報じている。

 コラーは現地メディアに対し「これは最終的な決断だ。覆ることはあり得ない」とコメントしており、代表引退の意思が固いことを主張した。

 コラーは2メートルを超える長身を武器に長きに渡ってチェコ代表FWとして活躍。国際Aマッチ85試合に出場し、同国史上最多の52ゴールを記録している。

 なお、6月に開催されるEURO2008において、チェコ代表はホスト国であるスイスのほか、ポルトガルやトルコとともに、グループAに属している。

posted by サッカーワールドカップ at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーワールドカップ各国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表・岡田監督が就任を熱望したコーチの正体


4月7日12時0分配信 R25
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080403-00000009-rec_r-socc


なるほどなあ。Jリーグに詳しいサッカーファンなら、思わずそう思ったかもしれない。サッカー日本代表の岡田武史監督が、右腕として迎えた大木武コーチのことだ。

昨季まで甲府を率いていた大木コーチは、J1でも予算規模が小さく代表選手のいないメンバー構成で、超がつくほど攻撃的なサッカーを展開した。残念ながら甲府はJ2に降格してしまうのだが、狭いスペースでショートパスをつなぎ、相手を食いつかせたところで一気に逆サイドへ展開する攻撃は、ダイナミックでスピードにあふれていた。J1千葉を預かっていた当時のイビチャ・オシム前代表監督も、甲府の「人もボールも動くサッカー」を絶賛。特定の選手に頼らず、全員が攻守に連動するスタイルは、それぐらい鮮烈だった。06年まで得点源だったバレー(現G大阪)が残留していたら、大木武という存在はもっと以前から注目を集めていたはずである。

ここに目をつけたのが岡田監督である。横浜FMを指揮していた数年前から、岡田監督は同業者との交流を積極的に図っていた。年下の監督とも会話を持ち、意見を交換。北京五輪代表の反町康治監督とも、気軽に話をする間柄である。

大木コーチとは特に親しかったわけでもないそうだが、岡田監督が提唱する『接近・展開・連続』は、昨年の甲府が見せていたサッカーそのもの。方向性の似た二人がタッグを組んだのは、当然だったのかもしれない。実際に練習では、岡田監督を的確にサポートする大木コーチの姿がある。

いまのところはまだ、あまり目立たない大木コーチだが、実は岡田監督が彼を招へいした理由は、「自分にはない感覚を持っているから」だったと聞く。1月の本格的なチーム立ち上げから、日本代表は基本コンセプトの『接近・展開・連続』を練り上げてきた。これに続く新たなキーワードが聞こえてきたら――岡田監督が期待する大木コーチの〈感覚〉が、本格的に発揮されていくことになるはずだ。
(R25編集部)


posted by サッカーワールドカップ at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

岡田ジャパン これからは「管理サッカー」

4月4日10時55分配信 デイリースポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080404-00000015-dal-socc


 日本サッカー協会は3日、西アフリカの強豪コートジボワール(FIFAランク23位)、W杯南米予選首位のパラグアイ(同26位)と日本代表(同36位)による国際親善試合(キリンカップ)の開催概要を発表した。5月22日にコートジボワール-パラグアイ(ニッパ)で開幕、日本は同24日にコートジボワール戦(豊田ス)、同27日にパラグアイ戦(埼玉ス)を戦う。日本代表の岡田武史監督(51)はこの2試合で“管理サッカー”を徹底し、6月のW杯アジア3次予選4連戦に臨む。
  ◇  ◇
 キリン杯の発表会見後に約2時間半のスタッフ会議を開いた岡田監督は満足そうだった。「これからのチーム作りの方向性を話した。時間がない中でどうアプローチするか。素晴らしいアイデアが出た」。3月26日のバーレーン戦に敗れ、オレ流宣言した。「オレのやり方」をどう選手に浸透させるか、その方法論が固まった。
 徹底した管理サッカーへ改造する。一例に守備の仕方を挙げた。「今まではだれかが(相手に)行ったら(ほかの選手は)こうするとか、言わないようにしていた。これからは完ぺきではないが、ある程度(指示を)与えるということ」と説明した。
 「今までも決まり事がなかったわけではない」と言うが、ある程度は選手の自由な判断に任せていた。それを今後はより細かく、このケースはだれがどう動き、どのエリアでボールを奪うのか、チーム内での約束事を増やすことになる。「考えて走るサッカー」のオシム流から、ほぼオートマチックなオレ流を徹底する。
 その試金石がキリン杯となる。これまでは相手によって戦術を変えてきたが、「今一番大事なのはチームの戦い方」と一からチームを作り直す覚悟を示した。「何回も繰り返すことで確固たるものができる。それができる相手」とこの4カ月を一度リセットする勢いで、6月の絶対に負けられない4連戦へ向けて突貫工事に入る。

posted by サッカーワールドカップ at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セーブミスから失点…悔やむGK川口

3月27日17時32分配信 ISM
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080327-00000028-ism-socc


<W杯アジア3次予選 バーレーン 1−0 日本(現地時間26日/バーレーン・マナマ)>

 「相手の長いボールは警戒していたが、あの通り僕のミスでゴールを許してしまった。単なる技術的なミス。自分としては、パンチにいくかキャッチにいくかその辺の判断がうまくいかなった。まぁ自分の力不足です」

 キャプテンでGKの川口は、そう悔しそうに失点の場面を振り返った。

 試合を決めた、決定的なミスであったことは間違いない。ただ、敗戦を川口ひとりに押し付ければ、いいというものでもない。

 失点は77分。センタリングに反応したGK川口がまさかのファンブルで、こぼれたところを詰めていたA・フバイルにヘッドで押し込まれた。

 ただ、その場面、相手選手交代の直後でチーム全体としてスキがあったことは明らか。ロングボール一発で左サイドを突破されると、あっさりとセンタリングを許している。

 失点の直接の原因は、もちろん川口にあるが、敗戦をひとつのミスで片付けることはできない。中盤にも、前線にも、問題は数多くあった。チームとして、ミスを犯してしまったと捉えるべきだろう。

 それにしても最も警戒していた相手FW、A・フバイルに自らのミスでゴールを献上してしまったのは皮肉と言えるかもしれない。


posted by サッカーワールドカップ at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。