サッカーワールドカップニュース

2008年05月22日

元イングランド代表・ガスコインが自殺を図る

元イングランド代表・ガスコインが自殺を図る
5月6日12時1分配信 スポーツナビ


 ポール・ガスコインの状況はますます悪化の一途をたどっている。以前からアルコール中毒と薬物中毒に悩まされていたかつてのイングランド代表のスターは、4日の夜に自殺を図って病院へと運び込まれた。

 英国のタブロイド紙『ザ・サン』の報道によれば、ガスコインはロンドンのホテルの職員を脅し、自らの手首を切るためのナイフを出すように要求。ホテルから連絡を受けた警察は、ガスコインがバスタブに沈もうとしていたところを発見した。
 ガスコインは収容された病院で精神鑑定を受けているという。


posted by サッカーワールドカップ at 00:38| Comment(32) | TrackBack(2) | サッカーワールドカップ各国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カペッロ監督、ベッカムの2010年W杯出場への可能性示唆

カペッロ監督、ベッカムの2010年W杯出場への可能性示唆
4月26日11時41分配信 ISM


 現地時間25日(以下現地時間)、イングランド代表のファビオ・カペッロ監督が、同国代表MFデイヴィッド・ベッカムの2010年に南アフリカで行なわれるW杯出場について、コンディションさえよければ可能性はあると語った。ロイター通信が報じている。

 カペッロ監督はスペイン『マルカ』紙に対し「ドアは開かれている。彼はこの間の(国際親善)試合に出場し、フランスを相手にいい動きを見せた。私はロサンゼルス・ギャラクシー(アメリカ)での彼のプレーを時々見ているよ」とコメント。ベッカムは5月に33歳になるが、「33歳、34歳の選手だっているし、彼らはきちんと自己管理を行なっている。そうした選手は身体的にはかつてと同じではないことを理解しているから、一層のケアに取り組んでいるんだ」と、適切な管理を行なえば年齢は問題ではないとの見解を示した。

 今夏のEURO2008出場を逃したイングランドにとって、次なる国際大会の舞台は2010年W杯。同大会を見据え、イングランドは3月26日にフランスと国際親善試合を行なったが、ベッカムも出場したこの試合は、0対1の黒星という結果に終わった。

 カペッロ監督は「フランス戦で負けたあと、私は選手たちに『一歩前に進めたぞ』と話をした。我々は一歩一歩進んでいかなくてはならない。まずは(2010年W杯の)予選を突破し、そのあとに備える。私が求めていることを全員に理解してもらうには、もう少し努力が必要だが、私はいいチームを指揮していると思う」と、南アフリカに向けての思いを語った。

posted by サッカーワールドカップ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メキシコ代表、ラミレス暫定監督でW杯予選へ

メキシコ代表、ラミレス暫定監督でW杯予選へ
4月25日14時48分配信 ISM


 FMF(メキシコサッカー連盟)は現地時間24日、現在暫定的に代表チームの指揮をとっているヘスス・ラミレス監督のもと、2010年W杯北中米カリブ海予選に臨むと発表した。ロイター通信が報じている。

 先月末のウーゴ・サンチェス前監督の解任を受け、暫定的に代表チームの指揮をとっていたラミレス氏。ところがFMFの新監督捜しが難航したため、過去にU-17メキシコ代表の監督としてチームを世界選手権(現U-17W杯)優勝へ導いた経験もある同氏が、W杯予選の指揮官という大役を任されることとなった。

 なお、ラミレス氏は前週に行なわれた中国との親善試合ですでにフル代表監督として采配を振るっており、チームを1対0の勝利へ導いている。
posted by サッカーワールドカップ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーワールドカップ各国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

日本代表候補からFW高原、MF鈴木、DF中澤が離脱

日本代表候補からFW高原、MF鈴木、DF中澤が離脱
4月21日17時33分配信 ISM


 JFA(日本サッカー協会)は21日、トレーニングキャンプ(21日から23日)に臨む日本代表候補メンバーから、FW高原直泰(浦和)、DF中澤佑二(横浜FM)がケガのため、MF鈴木啓太(浦和)が体調不良のため不参加となることを発表した。なお、追加招集は行なわれない。

posted by サッカーワールドカップ at 14:44| Comment(6) | TrackBack(0) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10年W杯開催国南アフリカ、パレイラ監督が辞任?

10年W杯開催国南アフリカ、パレイラ監督が辞任?
4月19日13時52分配信 ISM


 2010年W杯でホスト国を務める南アフリカだが、代表のカルロス・アウベルト・パレイラ監督(65)が辞任する可能性が出てきた。SAFA(南アフリカサッカー協会)は現地時間18日にパレイラ監督と話し合いを行なった。ロイター通信が報じている。

 話し合いの詳細については明らかにされていないが、同日にはブラジル現地メディアが「夫はもう決断しており、来月始めにもブラジルに帰国予定」とパレイラ監督の妻が語ったと報じており、物議を醸している。

 SAFAのチーフ・エグゼクティブであるレイモンド・ハック氏は、この報道には非常に驚いたとコメントし、「パレイラ氏は南アフリカ代表の監督であり、2010年W杯が閉幕するまで代表チームを指揮する契約になっている」と、報道内容を否定。しかし「明日のことは明日のこと。何が起こるは分からない」と意味深な言葉を残している。

 かつてブラジル代表を率いた経験を持つパレイラ監督は、07年に南アフリカ代表指揮官に就任。今年1月から2月にかけて行なわれたアフリカ・ネーションズカップでは、グループステージ敗退の憂き目に遭ったものの、3月の国際親善試合・パラグアイ戦では3対0と快勝を飾っている。
posted by サッカーワールドカップ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーワールドカップ各国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。