ドイツ代表レーブ監督が契約を延長 サッカーワールドカップニュース

2007年10月26日

ドイツ代表レーブ監督が契約を延長

 ユーロ(欧州選手権)2008本大会出場を早々に決めたドイツ代表のヨアヒム・レーブ監督は25日、ドイツサッカー協会(DFB)と2010年まで契約を延長することで合意し、契約書にサインした。

 今回の契約延長で、レーブは2010年に開催されるワールドカップ(W杯)でもドイツ代表を率いることになる。同協会は、レーブに2013年まで延長するオファーを提示したが、最終的には2010年までの延長で話がまとまった。

 47歳のレーブは、2004年7月からユルゲン・クリンスマン前監督の片腕として共同監督を務め、2006年W杯ドイツ大会では、ドイツ代表を3位に導いた。クリンスマン監督勇退後の同年8月に、ドイツ代表監督に就任している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071026-00000004-spnavi-soccより

FIFA2010サッカーワールドカップニュースのランキング!!
ラベル:ドイツ
posted by サッカーワールドカップ at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーワールドカップ各国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。