ファン・デル・サール、引退は“オランダ代表のみ” サッカーワールドカップニュース

2007年10月30日

ファン・デル・サール、引退は“オランダ代表のみ”

 ファン・デル・サールの今季限りでの引退が一部で報道されているが、オランダでの報道はあくまで「ユーロ(欧州選手権)2008終了後、オランダ代表の引退」である。これはオランダのラジオ局『ラジオ538』にファン・デル・サールが答えたもの。このインタビューはオランダのメディア、さらにはマンチェスター・ユナイテッドのオフィシャルウェブサイトも引用し、報道している。

 マンチェスター・ユナイテッドでの契約延長、もしくは現役引退に関しては、ファン・デル・サールはまだ答えを出していないようだ。オランダでの報道によれば、ファン・デル・サールの代理人は、「短いながらも訪れるウインターブレークに、落ち着いて話し合いたい」と来季以降の現役続行については即答を避けた。
 ファン・デル・サールは10月29日に37歳になった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071030-00000021-spnavi-soccより


ラベル:オランダ
posted by サッカーワールドカップ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーワールドカップ各国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。