高地での国際試合は条件付き不許可に FIFA サッカーワールドカップニュース

2007年12月15日

高地での国際試合は条件付き不許可に FIFA

12月15日19時38分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071215-00000078-mai-soccより
 国際サッカー連盟(FIFA)は15日、東京都内で開いた理事会で、健康上の問題を理由に標高2750メートルを超える高地での国際試合を許可しないことを条件付きで決めた。試合までに選手が高地に順応する時間があれば開催可能とした。

 FIFAは5月の理事会で、標高2500メートルを超える高地での試合禁止をいったん決めた。だが、国内に高標高地をかかえる南米のアンデス諸国が反発した。南米ボリビアのモラレス大統領が6月、雪の積もった標高6000メートルのアンデス山中で試合をするなど制限に対する抗議行動を繰り広げた。

 6月末に3000メートルに緩和され、その後、専門家の提言を踏まえて再び見直した。条件付きの一文が付いたことで一応の着地点を得た。

 コロンビアの首都ボゴタは標高約2600メートル、エクアドルのキトが2850メートル、ボリビアの首都機能のあるラパスは標高約3600メートルにある。これまで、地元開催の国際試合で希薄な空気に慣れない相手に対し、有利に試合をしてきた。

 10年のワールドカップ南アフリカ大会の南米予選は各国とも4試合を消化し、中断を挟んで来年6月に再開する。条件として付け加えた順応時間についてFIFAのブラッター会長は「(予選が再開する)6月までに詳細を詰めたい」と述べた。





FIFA2010サッカーワールドカップニュースのランキング!!
posted by サッカーワールドカップ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーワールドカップ大会関連ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。