オシム前監督「現場復帰」へ強い意欲 サッカーワールドカップニュース

2007年12月28日

オシム前監督「現場復帰」へ強い意欲

12月28日9時37分配信 日刊スポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071228-00000006-nks-soccより
 イビチャ・オシム前日本代表監督(66)が『現場復帰』へ強い意欲を見せていることが27日、明らかになった。日本協会の川淵三郎キャプテン(71)がこの日、オシム前監督が転院した都内の病院を訪れ、11月16日に急性脳梗塞(こうそく)で倒れてから初めて面会。約20分ほど会話し、前監督を見舞った。
 川淵キャプテンによると、車いすの前監督は久しぶりの対面にニッコリと笑い、右手で交わした握手も「今までと変わらなかった」というほどしっかりしていた。15キロほどやせ、左半身にまひは残るが、食欲もあり会話も問題なし。既にリハビリも開始し、この日は歩いたという。
 24日に転院してからはテレビを見ることも許可された。23日のバルセロナ−Rマドリードなど、たまっていたビデオもチェック。「サッカーを見る時間を削ることはできない。サッカーの勉強はいつまでもやらないといけない」と復帰へ意欲を見せている。意識を取り戻した際には医師に「子供にサッカーを教えたい」と話していたという。
 同キャプテンは具体案こそ示さなかったが、回復後には日本サッカーの発展に何らかの形で貢献してもらえるようカムバックを要請。千田通訳と1年、契約を延長したことも伝えた。前監督は「君(通訳)、1人だけいい思いをして」と得意のオシム節で笑わせたという。「こういうことができると(前監督が)思い付いたら相談してほしいし、それを(協会として)受け入れる」と川淵キャプテンは復帰を心待ちにしていた。





サッカーワールドカップニュースのランキング!!
posted by サッカーワールドカップ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。