岡田ジャパン これからは「管理サッカー」 サッカーワールドカップニュース

2008年04月17日

岡田ジャパン これからは「管理サッカー」

4月4日10時55分配信 デイリースポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080404-00000015-dal-socc


 日本サッカー協会は3日、西アフリカの強豪コートジボワール(FIFAランク23位)、W杯南米予選首位のパラグアイ(同26位)と日本代表(同36位)による国際親善試合(キリンカップ)の開催概要を発表した。5月22日にコートジボワール-パラグアイ(ニッパ)で開幕、日本は同24日にコートジボワール戦(豊田ス)、同27日にパラグアイ戦(埼玉ス)を戦う。日本代表の岡田武史監督(51)はこの2試合で“管理サッカー”を徹底し、6月のW杯アジア3次予選4連戦に臨む。
  ◇  ◇
 キリン杯の発表会見後に約2時間半のスタッフ会議を開いた岡田監督は満足そうだった。「これからのチーム作りの方向性を話した。時間がない中でどうアプローチするか。素晴らしいアイデアが出た」。3月26日のバーレーン戦に敗れ、オレ流宣言した。「オレのやり方」をどう選手に浸透させるか、その方法論が固まった。
 徹底した管理サッカーへ改造する。一例に守備の仕方を挙げた。「今まではだれかが(相手に)行ったら(ほかの選手は)こうするとか、言わないようにしていた。これからは完ぺきではないが、ある程度(指示を)与えるということ」と説明した。
 「今までも決まり事がなかったわけではない」と言うが、ある程度は選手の自由な判断に任せていた。それを今後はより細かく、このケースはだれがどう動き、どのエリアでボールを奪うのか、チーム内での約束事を増やすことになる。「考えて走るサッカー」のオシム流から、ほぼオートマチックなオレ流を徹底する。
 その試金石がキリン杯となる。これまでは相手によって戦術を変えてきたが、「今一番大事なのはチームの戦い方」と一からチームを作り直す覚悟を示した。「何回も繰り返すことで確固たるものができる。それができる相手」とこの4カ月を一度リセットする勢いで、6月の絶対に負けられない4連戦へ向けて突貫工事に入る。

posted by サッカーワールドカップ at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93656745

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。