ブラジル、高地ボリビアでのW杯予選を拒否  サッカーワールドカップニュース

2008年05月06日

ブラジル、高地ボリビアでのW杯予選を拒否

ブラジル、高地ボリビアでのW杯予選を拒否
4月12日19時30分配信 ISM


 CBF(ブラジルサッカー連盟)は現地時間11日(以下現地時間)、海抜3600メートルの高地で行なわれる2010年W杯南米予選・ボリビア戦について、これに臨むことはできないと改めて意思を表明した。ロイター通信が報じている。

 CBFは以前から高地での試合開催に異議を申し立ててきたが、FIFA(国際サッカー連盟)が先ごろ下した判断も影響し、ますますその意思を固めたようだ。FIFAは先月、高地での試合開催についての規定を発表し、健康面への配慮から、会場が海抜2750メートルを超える場合は、アウェイチームの選手たちに1週間の適応期間を与え、3000メートルを超える場合はこれを15日間と規定していた。しかし、代表チームがクラブ側に選手の合流を求めることができるのは、試合の5日前。高地でのアウェイ戦に備えるには、時間が足りないということになる。

 「選手たちの身体を危険に晒すわけにはいかない。これは医学的見地に基づいた決定だ」とコメントしたCBF。選手の健康管理という責任上、海抜3600メートルに位置するボリビアの首都ラパスでの試合を拒否する姿勢を示した。

 一方、同じくラパスでの同予選を控えるチリは、2週間の準備期間を設け、問題なく当地での試合に臨む予定。とはいえ、チリの場合は欧州リーグがシーズンオフの期間に試合が行なわれるとあって、シーズン真っ只中の10月に試合が組まれているブラジルとは多少事情が異なる。

 なお、ブラジルはこれまで敵地・ラパスでボリビアと4回対戦し、1勝1分け2敗という結果に終わっている。
posted by サッカーワールドカップ at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーワールドカップ各国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95826217

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。