10年W杯開催国南アフリカ、パレイラ監督が辞任? サッカーワールドカップニュース

2008年05月06日

10年W杯開催国南アフリカ、パレイラ監督が辞任?

10年W杯開催国南アフリカ、パレイラ監督が辞任?
4月19日13時52分配信 ISM


 2010年W杯でホスト国を務める南アフリカだが、代表のカルロス・アウベルト・パレイラ監督(65)が辞任する可能性が出てきた。SAFA(南アフリカサッカー協会)は現地時間18日にパレイラ監督と話し合いを行なった。ロイター通信が報じている。

 話し合いの詳細については明らかにされていないが、同日にはブラジル現地メディアが「夫はもう決断しており、来月始めにもブラジルに帰国予定」とパレイラ監督の妻が語ったと報じており、物議を醸している。

 SAFAのチーフ・エグゼクティブであるレイモンド・ハック氏は、この報道には非常に驚いたとコメントし、「パレイラ氏は南アフリカ代表の監督であり、2010年W杯が閉幕するまで代表チームを指揮する契約になっている」と、報道内容を否定。しかし「明日のことは明日のこと。何が起こるは分からない」と意味深な言葉を残している。

 かつてブラジル代表を率いた経験を持つパレイラ監督は、07年に南アフリカ代表指揮官に就任。今年1月から2月にかけて行なわれたアフリカ・ネーションズカップでは、グループステージ敗退の憂き目に遭ったものの、3月の国際親善試合・パラグアイ戦では3対0と快勝を飾っている。
posted by サッカーワールドカップ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカーワールドカップ各国ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95826909

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。