カペッロ監督、ベッカムの2010年W杯出場への可能性示唆 サッカーワールドカップニュース

2008年05月22日

カペッロ監督、ベッカムの2010年W杯出場への可能性示唆

カペッロ監督、ベッカムの2010年W杯出場への可能性示唆
4月26日11時41分配信 ISM


 現地時間25日(以下現地時間)、イングランド代表のファビオ・カペッロ監督が、同国代表MFデイヴィッド・ベッカムの2010年に南アフリカで行なわれるW杯出場について、コンディションさえよければ可能性はあると語った。ロイター通信が報じている。

 カペッロ監督はスペイン『マルカ』紙に対し「ドアは開かれている。彼はこの間の(国際親善)試合に出場し、フランスを相手にいい動きを見せた。私はロサンゼルス・ギャラクシー(アメリカ)での彼のプレーを時々見ているよ」とコメント。ベッカムは5月に33歳になるが、「33歳、34歳の選手だっているし、彼らはきちんと自己管理を行なっている。そうした選手は身体的にはかつてと同じではないことを理解しているから、一層のケアに取り組んでいるんだ」と、適切な管理を行なえば年齢は問題ではないとの見解を示した。

 今夏のEURO2008出場を逃したイングランドにとって、次なる国際大会の舞台は2010年W杯。同大会を見据え、イングランドは3月26日にフランスと国際親善試合を行なったが、ベッカムも出場したこの試合は、0対1の黒星という結果に終わった。

 カペッロ監督は「フランス戦で負けたあと、私は選手たちに『一歩前に進めたぞ』と話をした。我々は一歩一歩進んでいかなくてはならない。まずは(2010年W杯の)予選を突破し、そのあとに備える。私が求めていることを全員に理解してもらうには、もう少し努力が必要だが、私はいいチームを指揮していると思う」と、南アフリカに向けての思いを語った。

posted by サッカーワールドカップ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97506779

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。