ワールドカップ南米予選 サッカーワールドカップニュース

2007年11月24日

ブラジル苦しんで逆転勝ち

11月23日9時40分配信 日刊スポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071123-00000029-nks-soccより
<ワールドカップ南米予選:ブラジル2−1ウルグアイ>◇21日(日本時間22日)◇ブラジル・サンパウロ
 ブラジルがホームで苦しみながらウルグアイを2−1と下した。開始8分で先取点を許したが、代表復帰したFWルイス・ファビアーノ(27=セビリア)の2得点で逆転に成功。相手の猛攻をしのぎ切り、勝ち点を8に伸ばした。
 ブラジルを救ったのは、ドゥンガ政権で初招集されたFWルイス・ファビアーノだった。1点リードされた前半44分、右サイド角度のない位置から強引にシュートを放ち、相手GKのこ間を抜いて同点。さらに後半20分、MFジウベルト・シウバがシュートミスしたボールを左足で豪快に蹴り込んだ。ウルグアイペースで進んだ一戦を、鮮やかな2発でひっくり返した。
 今季スペインリーグトップの8得点。左足負傷のFWアフォンソ離脱を受け、今月12日に追加招集された。ドゥンガ監督は「相手マークを物ともせず空中戦に強い。調子の良さは代表合宿で確信していた」と先発起用に迷いなし。そんな指揮官の期待に応えたルイス・ファビアーノは「代表に復帰できた上に、こんな美しい仕事ができるなんて…神に感謝したい」。ロナウジーニョ、カカらを脇に置き、急きょ抜てきされた「代役」が主役となった。

今週のサッカーワールドカップのランキング!!


 
posted by サッカーワールドカップ at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ南米予選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

ペルー代表バルガス、ブラジルを止める

11月19日11時51分配信 スポーツナビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071119-00000015-spnavi-soccより
 2010年W杯南米予選、ペルー対ブラジル戦は1−1の引き分けに終わった。セレソンはモヌメンタルで足を止められてしまった。序盤は拮抗した展開だったが、前半40分にはミランのカカが見事なゴールを決めてブラジルが先制。ペナルティーエリア外からのシュートで、ペルー守備陣の意表を突いた。

 後半は、そのままブラジルがリードを守り切るかと思われたが、そうは事が運ばなかった。70分、カターニア所属のバルガスの強烈なシュートが、ルシオに当たってコースを変え、ボールはジュリオ・セーザルの届かないコースへ。ペルーが同点に追いついた。ドゥンガ監督は消えていたロビーニョを下げ、エラーノを投入して反撃に出たが、結局ブラジルはほとんどチャンスを作ることができない。ロスタイムにローマのジュアンのシュートがクロスバーをたたいたのが、唯一のチャンス。結局、試合は引き分けに終わった。

 ウルグアイとチリの試合も、熱戦の末に2−2のドロー。42分にスアレスのゴールでウルグアイが先制したが、元ラツィオのマルセロ・サラスの2ゴール(59分に流れの中からゴール、69分にPK)でチリが逆転した。オスカル・ワシントン・タバレスのチームを救ったのは、81分のアブレウのゴールだった。

今週のサッカーワールドカップのランキング!!

posted by サッカーワールドカップ at 00:13| Comment(2) | TrackBack(0) | ワールドカップ南米予選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

アルゼンチン快走、ボリビアに3−0

11月18日12時28分配信 スポーツナビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071118-00000012-spnavi-soccより
 アルゼンチンは2010年ワールドカップ(W杯)南米予選で3勝目を収めた。チリ戦(リケルメの2ゴールで2−0)とベネズエラ戦(ミリートとメッシのゴールで2−0)に続いて、ボリビアにも3−0で勝利。

 まずはアトレティコ・マドリーのスター選手アグエロが均衡を破るゴールを奪った。後半にはリケルメが2点を追加。これでリケルメは今予選4ゴールとなり、得点ランキングの首位に立っている。所属クラブのビジャレアルではマヌエル・ペジェグリーニ監督に無視され続けているリケルメだが、アルゼンチン代表ではまたしても主役として活躍を見せた。

 キャプテンを務めるインテルのDFハビエル・サネッティは、この試合がアルゼンチン代表での116試合目。アジャラを抜いて同国史上最多の出場数となった。

今週のサッカーワールドカップのランキング!!
posted by サッカーワールドカップ at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ南米予選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月19日

ブラジル5発で初勝利/W杯予選

<W杯南アフリカ大会南米予選:ブラジル5−0エクアドル>◇第2戦◇17日◇ブラジル・リオデジャネイロ
 ブラジル代表が05年10月12日のW杯ドイツ大会予選ベネズエラ戦以来、2年ぶりの母国での試合でエクアドルに5−0と大勝した。後半27分にFWロナウジーニョ(27=バルセロナ)が、同32、40分にはMFカカ(25=ACミラン)が相次いでゴール。00年9月3日のボリビア戦以来となるマラカナンスタジアムの試合で圧勝し、予選初勝利を最高の形で飾った。
 頭上に上げた両手を振るロナウジーニョとカカのダンスに、マラカナンのスタンドはリオのカーニバルのような熱狂に包まれた。1−0の後半27分、カカのシュートをロナウジーニョが左足で方向を変え押し込んでから、流れは一気にブラジルへ。5分後にカカが正真正銘のゴールを決めると、もう止まらない。同40分、自らのシュートをGKが受け損なったのを見たカカは、申し訳なさそうに両手を上げた。
 2年ぶりのホーム戦以上に、ブラジルサッカーの殿堂マラカナンで7年ぶりに戦う意味は大きかった。勝利はもちろん内容も要求されていたが、ロビーニョも含め多彩な技巧でファンを魅了した。現メンバーでただ1人7年前に出場したロナウジーニョは「僕の代表招集100試合目に、代表初ゴールを決めたマラカナンに戻って来れてうれしい」と喜びを爆発させた。

FIFA2010サッカーワールドカップニュースのランキング!!


posted by サッカーワールドカップ at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ南米予選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南米予選結果ー2節

 サッカーワールドカップ南米2次予選の結果ー2節

 ベネズエラ0−2アルゼンチン
 ブラジル5−0エクアドル
 パラグアイ1−0ウルグアイ
 ボリビア0−0コロンビア
 チリ2−0ペルー

 ブラジル大爆発!!

FIFA2010サッカーワールドカップニュースのランキング!!



 
ラベル:南米予選
posted by サッカーワールドカップ at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ワールドカップ南米予選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。