サッカーワールドカップニュース

2008年04月24日

日本代表・岡田監督が就任を熱望したコーチの正体


4月7日12時0分配信 R25
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080403-00000009-rec_r-socc


なるほどなあ。Jリーグに詳しいサッカーファンなら、思わずそう思ったかもしれない。サッカー日本代表の岡田武史監督が、右腕として迎えた大木武コーチのことだ。

昨季まで甲府を率いていた大木コーチは、J1でも予算規模が小さく代表選手のいないメンバー構成で、超がつくほど攻撃的なサッカーを展開した。残念ながら甲府はJ2に降格してしまうのだが、狭いスペースでショートパスをつなぎ、相手を食いつかせたところで一気に逆サイドへ展開する攻撃は、ダイナミックでスピードにあふれていた。J1千葉を預かっていた当時のイビチャ・オシム前代表監督も、甲府の「人もボールも動くサッカー」を絶賛。特定の選手に頼らず、全員が攻守に連動するスタイルは、それぐらい鮮烈だった。06年まで得点源だったバレー(現G大阪)が残留していたら、大木武という存在はもっと以前から注目を集めていたはずである。

ここに目をつけたのが岡田監督である。横浜FMを指揮していた数年前から、岡田監督は同業者との交流を積極的に図っていた。年下の監督とも会話を持ち、意見を交換。北京五輪代表の反町康治監督とも、気軽に話をする間柄である。

大木コーチとは特に親しかったわけでもないそうだが、岡田監督が提唱する『接近・展開・連続』は、昨年の甲府が見せていたサッカーそのもの。方向性の似た二人がタッグを組んだのは、当然だったのかもしれない。実際に練習では、岡田監督を的確にサポートする大木コーチの姿がある。

いまのところはまだ、あまり目立たない大木コーチだが、実は岡田監督が彼を招へいした理由は、「自分にはない感覚を持っているから」だったと聞く。1月の本格的なチーム立ち上げから、日本代表は基本コンセプトの『接近・展開・連続』を練り上げてきた。これに続く新たなキーワードが聞こえてきたら――岡田監督が期待する大木コーチの〈感覚〉が、本格的に発揮されていくことになるはずだ。
(R25編集部)


posted by サッカーワールドカップ at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

岡田ジャパン これからは「管理サッカー」

4月4日10時55分配信 デイリースポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080404-00000015-dal-socc


 日本サッカー協会は3日、西アフリカの強豪コートジボワール(FIFAランク23位)、W杯南米予選首位のパラグアイ(同26位)と日本代表(同36位)による国際親善試合(キリンカップ)の開催概要を発表した。5月22日にコートジボワール-パラグアイ(ニッパ)で開幕、日本は同24日にコートジボワール戦(豊田ス)、同27日にパラグアイ戦(埼玉ス)を戦う。日本代表の岡田武史監督(51)はこの2試合で“管理サッカー”を徹底し、6月のW杯アジア3次予選4連戦に臨む。
  ◇  ◇
 キリン杯の発表会見後に約2時間半のスタッフ会議を開いた岡田監督は満足そうだった。「これからのチーム作りの方向性を話した。時間がない中でどうアプローチするか。素晴らしいアイデアが出た」。3月26日のバーレーン戦に敗れ、オレ流宣言した。「オレのやり方」をどう選手に浸透させるか、その方法論が固まった。
 徹底した管理サッカーへ改造する。一例に守備の仕方を挙げた。「今まではだれかが(相手に)行ったら(ほかの選手は)こうするとか、言わないようにしていた。これからは完ぺきではないが、ある程度(指示を)与えるということ」と説明した。
 「今までも決まり事がなかったわけではない」と言うが、ある程度は選手の自由な判断に任せていた。それを今後はより細かく、このケースはだれがどう動き、どのエリアでボールを奪うのか、チーム内での約束事を増やすことになる。「考えて走るサッカー」のオシム流から、ほぼオートマチックなオレ流を徹底する。
 その試金石がキリン杯となる。これまでは相手によって戦術を変えてきたが、「今一番大事なのはチームの戦い方」と一からチームを作り直す覚悟を示した。「何回も繰り返すことで確固たるものができる。それができる相手」とこの4カ月を一度リセットする勢いで、6月の絶対に負けられない4連戦へ向けて突貫工事に入る。

posted by サッカーワールドカップ at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セーブミスから失点…悔やむGK川口

3月27日17時32分配信 ISM
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080327-00000028-ism-socc


<W杯アジア3次予選 バーレーン 1−0 日本(現地時間26日/バーレーン・マナマ)>

 「相手の長いボールは警戒していたが、あの通り僕のミスでゴールを許してしまった。単なる技術的なミス。自分としては、パンチにいくかキャッチにいくかその辺の判断がうまくいかなった。まぁ自分の力不足です」

 キャプテンでGKの川口は、そう悔しそうに失点の場面を振り返った。

 試合を決めた、決定的なミスであったことは間違いない。ただ、敗戦を川口ひとりに押し付ければ、いいというものでもない。

 失点は77分。センタリングに反応したGK川口がまさかのファンブルで、こぼれたところを詰めていたA・フバイルにヘッドで押し込まれた。

 ただ、その場面、相手選手交代の直後でチーム全体としてスキがあったことは明らか。ロングボール一発で左サイドを突破されると、あっさりとセンタリングを許している。

 失点の直接の原因は、もちろん川口にあるが、敗戦をひとつのミスで片付けることはできない。中盤にも、前線にも、問題は数多くあった。チームとして、ミスを犯してしまったと捉えるべきだろう。

 それにしても最も警戒していた相手FW、A・フバイルに自らのミスでゴールを献上してしまったのは皮肉と言えるかもしれない。


posted by サッカーワールドカップ at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

<岡田監督>オシム氏提唱の考え引き継ぎ確認…コーチ会議

1月7日18時21分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080107-00000062-mai-soccより
 日本サッカー協会は7日、各世代の代表監督が一堂に会するナショナルコーチ会議を東京都内で開いた。昨年10月以来4回目。岡田武史監督が日本代表監督に就任してからは初めてで、オシム前監督が提唱した「日本人が持つ良さを引き出し、世界と対抗する」という基本的な考えを引き継ぐことが確認された。

 岡田監督はラグビーの名指導者で日本代表や早大の監督などを務めた故大西鐡之祐氏が世界との体格差を埋めるために提唱した「展開・接近・連続」の理論を引用し、「昔の言葉だけど、まだ今も生きている。一発で流れを変えるようなプレーでは世界にかなわなくても、相手が音を上げるようなDFを何回も続けることはできる」と強調したという。【安間徹】
posted by サッカーワールドカップ at 23:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

あけましておめでとうございます

 新年あけましておめでとうございます。

 今年はいよいよ「ワールドカップアジア予選」がスタート!

 とはいえ、まずは岡田ジャパンの初戦見てみないとなんともいえませんが、ヒヤヒヤの戦いが始まることだけは事実!

 楽しんで見れるくらいの展開になって欲しいですが、、、無理でしょうな、、、

 ワールドカップ予選は甘くない、、、だから面白い!

 それでは今年もよろしくお願いします!!




サッカーワールドカップニュースのランキング!!
posted by サッカーワールドカップ at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<中村俊輔>岡田監督が招集か 2月のW杯アジア予選初戦

1月1日18時20分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080101-00000048-mai-soccより
 サッカー日本代表の岡田武史監督は1日、左ひざを痛めてリハビリ中の中村俊輔(セルティック)を、2月6日のワールドカップ(W杯)アジア3次予選初戦のタイ戦(埼玉)に招集する可能性があることを明かした。故障回復が前提条件とし、「2月6日までにチームにプラスになるような状態まで戻るならば呼ぶ」と語った。

 岡田監督はタイ戦の欧州組招集は日程的に難しいとしていたが、例外的にセルティックは27日のフォールカーク戦のあと、2月10日のアバディーン戦までリーグ戦の日程が入っていない。けがさえ治れば、30日の国際親善試合ボスニア・ヘルツェゴビナ戦からの合流も可能だ。

 ただし、中村は左ひざ靱帯(じんたい)を痛めて約2カ月間、試合から遠ざかっている。岡田監督は「けがが治ったとしても、試合に出ていないようならどうかな」と語り、招集前の実戦復帰を条件にする場合もある。





サッカーワールドカップニュースのランキング!!

posted by サッカーワールドカップ at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

オシム前監督「現場復帰」へ強い意欲

12月28日9時37分配信 日刊スポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071228-00000006-nks-soccより
 イビチャ・オシム前日本代表監督(66)が『現場復帰』へ強い意欲を見せていることが27日、明らかになった。日本協会の川淵三郎キャプテン(71)がこの日、オシム前監督が転院した都内の病院を訪れ、11月16日に急性脳梗塞(こうそく)で倒れてから初めて面会。約20分ほど会話し、前監督を見舞った。
 川淵キャプテンによると、車いすの前監督は久しぶりの対面にニッコリと笑い、右手で交わした握手も「今までと変わらなかった」というほどしっかりしていた。15キロほどやせ、左半身にまひは残るが、食欲もあり会話も問題なし。既にリハビリも開始し、この日は歩いたという。
 24日に転院してからはテレビを見ることも許可された。23日のバルセロナ−Rマドリードなど、たまっていたビデオもチェック。「サッカーを見る時間を削ることはできない。サッカーの勉強はいつまでもやらないといけない」と復帰へ意欲を見せている。意識を取り戻した際には医師に「子供にサッカーを教えたい」と話していたという。
 同キャプテンは具体案こそ示さなかったが、回復後には日本サッカーの発展に何らかの形で貢献してもらえるようカムバックを要請。千田通訳と1年、契約を延長したことも伝えた。前監督は「君(通訳)、1人だけいい思いをして」と得意のオシム節で笑わせたという。「こういうことができると(前監督が)思い付いたら相談してほしいし、それを(協会として)受け入れる」と川淵キャプテンは復帰を心待ちにしていた。





サッカーワールドカップニュースのランキング!!
posted by サッカーワールドカップ at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オシム前監督歩いた!…川淵キャプテン面会

12月28日8時0分配信 スポーツ報知
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071228-00000033-sph-soccより
 日本協会の川淵三郎キャプテン(71)が27日、脳梗塞(こうそく)からの回復を目指し、都内のリハビリ施設に入院中のイビチャ・オシム前日本代表監督(66)を見舞った。11月に脳梗塞で倒れた後初めて面会した同キャプテンは、オシム氏がこの日初めて歩行したことを明かした。「左半身がやや不自由だが会話は問題がない。夢のようだ」と喜んだ。

 キャプテンが病室を訪れた際、オシム氏は歩行のリハビリを終え、車いすに座り23日のスペインリーグ、バルセロナ対レアル戦を観戦中。オシム氏は「空白の時間を埋めたい。まだまだサッカーを勉強しないといけない」と話したという。岡田新監督就任は知らされているが「子供にサッカーを教えたい」と言っているという。キャプテンは「日本のサッカーの発展に貢献してほしい」と何らかの役職を用意する考えを改めて示唆した。





サッカーワールドカップニュースのランキング!!
posted by サッカーワールドカップ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月27日

オシム前監督が転院、本格リハビリ開始

12月26日10時32分配信 デイリースポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071226-00000019-dal-soccより
 11月16日に急性脳梗塞(こうそく)で倒れ、千葉・順大浦安病院の集中治療室(ICU)に入院していたサッカー日本代表の前監督、イビチャ・オシム氏(66)が、24日から都内のリハビリ専門病院に転院し、本格的にリハビリを開始したことが分かった。日本サッカー協会の田嶋幸三専務理事が25日、明らかにしたもので、オシム氏は「移籍は、サッカー人生にとってはつきものだからな」とジョーク交じりに話しているという。
 また、同専務理事は24日に面会した際、通訳を介して、後任に岡田武史監督が就任したことを直接伝えた。田嶋専務理事はその時の反応については、一瞬言葉を詰まらせて明かさず「また、改めてお伝えします。非常に頭のいい方。今の状況は客観的に分析していると思う」と話すにとどまった。今後については「何らかの形で日本サッカー界に貢献してもらいたい」として、回復具合をみながらサポートを要請する考えも明らかにした。





FIFA2010サッカーワールドカップニュースのランキング!!

posted by サッカーワールドカップ at 00:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

オシム氏集中治療室出た

12月24日8時0分配信 スポーツ報知
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071224-00000069-sph-soccより
 脳梗塞(こうそく)のため千葉県内の病院に入院中のイビチャ・オシム前日本代表監督(66)が、ここ数日の間に集中治療室から一般病棟に移動していたことが23日、分かった。日本サッカー協会関係者が「いつなのかは言えないが(集中治療室を)出たのは事実です」と明かした。

 面会謝絶の状況は変わらないため、親族以外の直接会話はまだできないが、付き添いの長男・アマル前千葉監督やアシマ夫人の話では「日に日に良くなっているということらしい」と同関係者。11月16日の緊急入院後、約1か月で順調に回復していることをうかがわせた。

 岡田武史監督(51)による新生日本代表が始動したことを把握しているかについては、「興味を示したとしても、親族の方が話したかどうかは分からない。たぶん、伝えていないのでは」と語るにとどまった。





FIFA2010サッカーワールドカップニュースのランキング!!

posted by サッカーワールドカップ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本代表ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。